アイクラフト新人研修2016の技術研修では、「xrdpによるLinux仮想環境 (VDI) システムの構築」を課題に設定しました。この研修の成果物であるブログ記事を計5つ、シリーズでご紹介します。なお、ソフトウェアのバージョンなどの情報は、研修を実施した2016年3月時点のものです。(大久保)

(本ブログ記事の著者: 岸田 佳帆)

1. はじめに

こんにちは。 今回は、IT知識・経験ゼロだった私が UNIXの基本コマンドやVimの使い方、ネットワークとは何ぞやを 入社前の一か月間の新人研修でどのように学習していったか書いてみます。

同じようなIT未経験者の方の参考になれば幸いです。

2. 必要なもの

  • 勉強を楽しむ気持ち
  • PC
  • ネット環境
  • 助けてくれる経験者

勉強を楽しむ気持ち、めちゃくちゃ大事です! 知らないことを知る楽しさがあるのと無いのとでは覚えるスピードも違います。 誰もが自分がやりたくてITの勉強をやっているとは限らないと思いますが 楽しもうとする気持ちは大事です。 この業界は未経験でも、実際にやりながら覚えていければ大丈夫…という声も多くあります。 だからこそ、楽しむ気持ちをもって学習スピードを上げていくのが大事だと思います。

社内ならその道のプロの方がたくさんいると思うので 困ったときは助けてもらいましょう。 どれだけ自分で考えても分からなかったことを かみ砕いて教えてもらうことで一瞬で理解できるなんてことも 少なくありません。 勉強し始めの頃は、何が分からないのかも分からないので なかなか難しいですが、効率の良い学習をするためには 自分で調べるところと、人に訊ねるところを上手く見極めるのがポイントです。

3. 実際に行ったこと

今回の新人研修はxrdp (オープンソースで開発されているRemote Desktop Protocolのサーバソフトウェア) 構築が一つのテーマでした。 しかし未経験の自分はいきなりxrdpがどうのこうのと言われても理解できるはずが無く…

そこで、未経験者用に課題を設定して頂きました。 内容は大きく分けて3つです。

  1. ドットインストールでUnix、Vimの基礎学習
  2. ネットワークコマンドの基礎学習
  3. su/sudo、make、aptコマンドの基礎学習

1) ドットインストールでUnix, Vimの基礎学習

UNIXとVimがどう大事なのか…最初は何となくしかわかりません。 なので、「とりあえずSEになるなら最低限使えるようになるべきもの」 という認識で学習をスタートさせました。

まずはドットインストール http://dotinstall.com/ で以下の二つを視聴し、 見様見真似でコマンドを打ったり分からないところを調べたりしました。

因みにドットインストールはプレミアム会員だと動画のスピードを変えたり文字おこしを見るのが可能になります。

調べたことはノートにまとめたりして 同じことを検索しないで済むようにしていけば 学習効率が上がります。 どんな媒体にまとめるかは自由ですが、 専門的な単語をそのまま写して書くだけだと結局その単語が分からず 理解できないままになることもあるので、 必ず自分が分かりやすい言葉で説明するようにまとめておきましょう。

最終確認としては 経験者の方に簡単な確認問題を作ってもらうか、 ネットや本で練習問題を探してきて 何も見ずに指示通りのコマンドが打てるかやってみると良いと思います。

2) ネットワークコマンドの基礎

なんとなく基礎はわかったぞ、というところで 次はネットワークコマンドを学習しました。 残念ながらドットインストールにはネットワークコマンドの動画は無かったので 経験者の方に基礎として覚えておくべきコマンドを列挙して頂きました。

今回は以下の通り:

  • ifconfig/ip address show
  • route/ip route
  • netstat -antp/ss -antp
  • ping 202.79.4.XXX
  • traceroute 202.79.4.XXX
  • arp/ip neigh

これらについて、

  • コマンドの概要
  • どういう時に使用するか

インターネットや本を使って調べていきます。

しかし未経験者なので、コマンドの概要が分かっても 実行して出てきた情報をどう読めばいいのかさっぱり分からない。 分からないので…虱潰しにひたすら調べていきます。 すると自然とネットワークの基礎知識の獲得に繋がっていきます。 IPってなんだ?ネットマスクとは?などなど… とても地道な作業で調べている間はつらいですが、理解できたとき時は嬉しいです。

ネットワークコマンドに関してはこの調べた内容をまとめるところまでが課題だったのですが、まとめる際はVimを使用しました。 というのも、ドットインストールでVim入門を一通りやっただけでは Vimの使い方に慣れません。 経験者の方々の意見としても、実際に打ち込んで慣れるしかない、ということだったので Wordやメモ帳の代わりにVimを使って慣れていきました。

3) su/sudoとapt, make

一通りネットワークコマンドの学習を終えたら 次はsu/sudoの概念について学びました。 これは「はじめてUNIXで仕事をする人が読む本」の該当箇所を読んだ後 管理者権限を操作できる人に一緒についてもらって 実際に打ち込むなどして短時間で学習を終えました。 自分一人だと制限がかかっていてできないこともあるので、 経験者に助けを求めるのが良いと思います。

その後はapt/makeコマンドの学習を行いました。 これは実際にやってみるのが良いということで aptコマンドはtreeコマンドを例にインストールや削除を、 makeはslコマンドを例にコマンドを打ってコンパイルしてみたりしました。

これで一通りの学習は終わりです。

4. 最後に

基礎を学んだ後、xrdp構築手順書を見ながらxrdp構築を行いました。 勿論、つまずくところはまだまだありますが、 何をやっているのかは多少分かるようになったと思います。 学習を始める前と比べて、単純に知識として得たものも多かったですが 何より分からないことを調べて、自分に落とし込むという基本的な勉強の仕方が身に付いたと思います。 コマンド一つ一つ、覚えるごとに達成感を感じられるので 楽しむ気持ちを切らさずに学習することができました。 私と同じように全くの未経験な方々も、 分からないことを恐れず、楽しんで新しい知識を身に着けていってください。